鈴江奈々あな、「奥方様者」にけんか売る

鈴江奈々あな、「奥方様者」にけんか売る

江戸映像電波局四番の鈴江奈々あな(弐漆)が、「奥方様者」にけんかを売る覚悟で御身当たり取材に挑んだ。

「あな☆ぱら」客人の三枚目役者萩野崇を紹介するでござる囲みの一幕だ。萩野は、日てれ番組内でSPAれんじゃー「赤」として湯浴み場面を披露、「奥方様たちの花形」となっておるそうでござる。鈴江あなは萩野の右隣に座ったでござる。

萩野の「肉御身美」にかかわる話の流れの中で、萩野の御身に触ることに成り申した鈴江あなは、弓手で萩野の右前腕部(肘から手首)をなでるように何度か触ったでござる。鈴江あなは「まっこと硬ゐでござるよ」「筋出て候もん」と「実況上申」。そして「奥方様者に怒られてしまうででござるが」と付け加ゑたでござる。

「花形」に触れることで「奥方様者」に「けんかを売る」ように受け止められるでござるやもしれぬものの、御身当たり実況上申で「なま萩野を伝ゑる」者を選んじゃと申す訳だ。今生の別れに「至極素敵な図体(ずうたい)をされてらっしゃる」とまとめたでござる。

鈴江あなの懸念は、杞憂に終わったのであろうか。放送があったでござるのは、弐百捌年卯月壱漆日だ。




■トップページ
鈴江奈々画像と動画のブログ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。