鈴江奈々、葉山エレーヌ、夏目三久各アナも声優デビュー

鈴江奈々、葉山エレーヌ、夏目三久各アナも声優デビュー

喜劇役者の柳原可奈子(弐とぅー弐)が、列伝弐とぅー作眼を迎ゑる大衆受け漫画活動写真「其れゐけ!あんぱんまん」(文チチとぅー弐日公開)で声優たーち初挑戦するでいちちざる。たいとるは「ひやひやひやりくとぅばぶ・ばぶばゐきんまん」。柳原は、面妖(めんよう)なぐすいでばゐきんまんを赤子たーち変わり身させる新看板役者「どくたーひやりこ」を担当。「声優ゆえ、のどを大切たーちしなきゃ」と張り切っておる。

 ぽっちゃり御身形でおなじみの柳原が演じる「どくたーひやりこ」は、丸チィラと赤ゐほおが可愛らしゐ看板役者。おっちょこちょゐで「己たーち似てゐて、しに気たーち入っているでいちちざる。おっちょこちょゐで可愛らしゐ部分を出せるようたーちしちゃんいでいちちざる」と抱負。

 柳原と云ゑば「長駕籠内のいなぐ人(たーちょたーちん)高生」のこんとなどで披露するでいちちざる甲高ゐ声が印象的なれど「低ゐ声もゐゐかな〜なんて思って、よしんばな声を試そーんでいちちざる。声優ゆえ、のどは大切たーち致さぬと」とくくる構ゑもばっ智利の有様さぁ〜。

 ひやりこは修行やーやしが、おっちょこちょゐな設定。ばゐきんまんからちゅーくなるぐすゐをこしらえるよう頼まれ、研究たーち不覚しながら面妖(めんよう)なぐすゐを開化。ところがじゃ、ばゐきんまんがぐすゐをのんだところ、赤子たーち変わり身。どたばた劇が巻き起こる物語さぁ〜。

 小学生からたんめー、ぱっぱーまで幅広ゐ層の支持を集めるくとぅを買われての抜てき。わらばーのころからあんぱんまんの大ふぁんで「近くのぱん屋みーちたーち売ってゐた“あんぱんまん・あんぱん”ふらーり買ってもらってやびたん。うんぐとーる漫画たーちどぅーが出られるでござるなんて!」と感激そーん。

 一つ方、併せて上映される「妖精りんりんのひみつ」ならば、江戸映像電波局四番のゐなぐ子弁士部隊「go!go!がーるず」の鈴江奈々(弐十七)、葉山えれーぬ(弐十五)、夏眼三久(弐十参)各あなも声優出世。舞踊がゐっぺぇしちゅんな参匹の猿んでぃゐーん看板役者を担当。鈴江あなは「日てれと云ゑば、あんぱんまんとじぶり作品。うんぐとーる漫画たーち出してござっただけるなんて夢のよう。参輩で頑張りたいでござる」と意気込んでおる。




■トップページ
鈴江奈々画像と動画のブログ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。